ハローワーク求人の転職以外で「再就職手当」をもらう方法

転職って、初めてする人にとってはかなりのハードル。

かくいう、僕も初めての転職の時は、かなり二の足を踏みました。

「収入が下がるけど大丈夫だろうか?」とか「おもったより忙しくて大変だったら、生活のバランスが上手く取れるかな?とか…。

もっと言えば「いい転職先なんて見つかるんだろうか?」という不安が一番ですよね。

そう言った悩みは、転職エージェントに登録して、伴走者(パートナー)を一緒に転職に臨むことによって、かなり軽減されると思います。

もちろん、担当エージェントの質もピンキリなので、相性が悪ければ、担当を変えてもらいましょう。

で、今回は転職するときに多くの人がもらい損ねている「再就職手当」というものをご紹介します。

僕は、今回の転職で、結構な金額をいただきました。

目次

「再就職手当」ってなんなのさ?

「再就職手当」とは雇用保険の失業等給付の就職促進給付のうちの一つってこと。

これは「就業促進手当」のうちの一つの制度を指しています。

この「再就職手当」以外にも、「就業促進定着手当」「就業手当」などがあります。

ムズカシイですか??

もっと簡単にいうと「転職しても失業保険の一時金が貰える場合がある」ってこと。

ちょっとまって!「転職して仕事を見つけたのに、失業保険がもらえるってどういうこと?」って思いますよね。

ってことで、まずは「失業保険」について、すごくざっくりとご説明します。

結論だけ知りたい方は、下の方までジャンプしちゃってOKですよ。

失業手当(失業保険)はどんな人がもらえる?

よく「失業手当」とか「失業保険」とか言いますよね。

「お仕事を退職して、次の仕事が見つかるまでのつなぎとして、1日あたり●円の支給って、国からお金が貰える」ってやつ。

みなさんのイメージとしてはこんな感じですかね。

で、もう少しだけ細かくいうと…

会社に勤めているほぼ全ての人は、給与から『雇用保険』っていう名目でいくらか天引きされているはずです。給与明細を見てねん。
※パートタイムで働いている人や、公務員は例外かもしれません。

で、この『雇用保険』ってのが、「もし万が一、仕事がなくなって困ったときに、日額でお金を貰えるようにする保険」ってこと。

医療保険の「入院中の収入サポート保険」ってあるでしょ。

これの「失業バージョン」って考えればいい。これが『雇用保険』ね。

「入院中の収入サポート保険」は、アフラックだったりチューリッヒだったり、民間の保険会社が販売しているけど、この『雇用保険』ってのは、国が被雇用者(いわゆる勤め人)にかけている保険ね。

だから、意外とみんなな知らないんだけど「会社に勤める」ってことは、自動的に「無職になって収入がない時に困らないように保険に入ってる」ってことなのさ。

で、どんな人がもらえるかというと…

雇用保険の被保険者の方(ざっくりいうと、サラリーマンとかサラリーウーマンとか)が、定年、倒産、契約期間の満了等(自己都合も含めて)により離職し、失業中になっている人が対象なのです。

会社が倒産しちゃったり、リストラされちゃったり、派遣契約終了とかしたら、突然収入がなくなるわけで、生活に困ってしまいますよね。

かと言って、すぐに次の仕事が見つかるわけではない。

だから、そんな繋ぎの期間に、保険金が受け取れるってこと。

ちなみに、一定の条件を満たすと「自己都合で退職した人」も対象になるんです。

で、この記事では「自己都合で退職した人」について書いていきます

転職した時に、実はもらえる(かもしれない…)という記事なので。

で、最終結論にはあまり関係がないですが、自己都合で退職した人は、退職から7日+3ヶ月の期間は、失業保険がもらえませんので注意が必要です。

再就職手当をもらうための条件

さて、本題ですが「自己都合で辞める人(転職する人)」が「再就職手当」を受給するには、いくつかの条件があります。

① 失業保険の受給資格者である

② ハローワークで失業認定(受給資格決定)を受ける

③ 失業保険の受給期間の残数が1/3以上残っている

④ 失業認定日から7日間を超えた日以降に、内定をゲットする(条件あり)

⑤ 転職先で1年を超えた雇用の見込みである

というもの。

順をおって説明します。

失業保険の受給資格者である

これはそもそも失業保険をもらう権利があるのかということですね。以下のAとBに該当するかどうかです。

A. 失業(離職し、就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にあること。)していること
B. 離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算して12か月以上あること

Aは大丈夫でしょう。「転職する気がありますか?」なので、基本的にはOK

B.ですが、ここ2年のうちに12ヶ月以上フルタイムで勤めていた経験があればOKなので、多くの人が該当すると思います。
ちなみに、2年のうちで会社が変わってもOKなので、「1社目8ヶ月、2社目10ヶ月でトータル18ヶ月」って感じでもOKです。

ハローワークで失業認定(受給資格決定)を受ける

会社を辞めたあと、すぐに次の会社に行く場合って手続きは必要ないのですが、いわゆる「空白期間」ができる場合は、ハローワークにて失業認定をうける必要があります。

これはつまり「僕って仕事辞めて無職の状態なんです」っていうのを公に認めてもらうってことですね。

いわゆる「職業:無職」ってなることです。

失業保険の受給期間の残数が1/3以上残っている

ちょっとだけ表を見てみましょう。

失業保険も、無職の期間中は無限に貰えるわけではなく、限度日数があります。

「被雇用者であった期間」とありますが、「フルタイムで働いていた期間」って読み替えてほぼOK。

大卒で働き始めて、30歳くらいなら90日が該当しますね。

このうちの1/3が残っている必要があります。

仮に、受給期間が90日であれば、失業保険を受給した日数が60日以下(残り日数が30日以上)である必要があります。

失業認定日から7日間以降に、内定をゲット

ここがちょっとテクニカルなところです。

②で失業認定(受給資格決定)を受けてから、7日間は待機期間といって「この人って本当に無職なんだよね?」って期間があります。

とくに、何をしなきゃいけないわけではないのですが「仕事をしたり、内定を受けたりしてはいけない」んですね。あくまでも「再就職手当を受けるという観点」からですが。

ちなみに、自己都合で退職(転職)した場合、その後の3ヶ月は失業保険はもらえません。すぐに転職する場合はあまり問題にならないかと思いますが。

で、この待機7日が経過してから就職(内定をうける)と「再就職手当」を受給できる要件に該当するんですね。

ちなみに、待機7日がすぎてからの1ヶ月間は「ハローワーク経由」または「職業紹介事業者経由」での内定取得でないとダメなんですね。

「気になる会社のウェブサイトから応募した」だとNG。1ヶ月をすぎた期間では、どこから転職してもOKなんですけどね。

で、「ハローワーク経由」または「職業紹介事業者経由」での内定取得でないといけないってのが、ちょっと面倒

「ハローワーク経由」ってのは、「ハローワークに掲載されている求人応募」ってことです。

「職業紹介事業者経由」ってのがミソで、一部の転職支援サイトやエージェントが該当します

大手の転職エージェントであれば、基本的には該当しますが、実際に再就職手当が貰えるかどうかは「再就職手当を受給したいのですが、こちらは職業紹介事業者に該当しますか?」と確認すればOKです。

そのためには、まず登録しないといけませんが…

逆に、「リクルートから独立したヘッドハンター」的な人の経由で転職の場合は、初めの1ヶ月間の対象外になることが多いので、注意しましょう。

ぶっちゃけたところ、ハローワークで「いい求人」を探すのはなかなか骨の折れる作業なので、大手エージェントに登録したほうがいいですね。

転職先で1年を超えた雇用の見込みである

これは、求人情報を見ればわかると思いますが「この1年間だけの期間従業員」ってのはダメです。

逆に「6ヶ月毎の更新」で、1年以上の契約更新の可能性があれば、OKです。

僕は「6ヶ月の契約社員、ただし契約更新の可能性あり」という求人でしたが、無事に受給できました

いくら貰えるの?その金額は?

これは、その人の「前職の月収」や「失業認定時の年齢」などによって異なります。

基本的な計算方法としては…

■ 支給残日数が3分の2以上:支給残日数×70%×失業保険日額
■ 支給残日数が3分の1以上:支給残日数×60%×失業保険日額

以下のモデルケースで考えてみましょう。

前職の月収:30万円
失業認定時の年齢:32歳
退職理由:自己都合
退職後、1ヶ月以内に内定

この場合、「失業保険の受給日数は90日」で「失業保険日額は5,954円」です。

退職後、1ヶ月以内に内定をとっているので、失業保険の残数はフルフルの90日ですね。

計算すると、なんと375,102円になるんです!

結構な金額ですよね。

これはもらわないと損…

申請するための注意点!

やはり、一番のネックが「ハローワーク経由」または「職業紹介事業者経由」での内定取得でないといけないってところ。

やはり、この手当を受けようと思った場合は、大手エージェントを介して、転職するしかないんですね。

ちなみに、「内定をもらうタイミング」も非常に重要ですが、転職エージェントが間に入ってくれれば、『内定日』の調整はしてくれます

独立系のエージェント(ヘッドハンター)だと、「職業紹介事業者」に該当しない場合があるので要注意です。

リクルートエージェント』『DODA』などの大手であれば問題ないでしょう。

転職先の会社として「この人は採用したい」って思ってもらえれば。『内定日の調整』は単なる『社内調整』になるので、比較的柔軟に対応してくれます。
【2021年1月26日追記】
「必ず調整してもらえる」ということを保証はできかねますので、先方・エージェントと密に連絡を取り合いましょう。

では、みなさん、転職活動がんばってね〜。

ちなみにですが…「障害者雇用」での転職(厳密に言えば、障害者手帳を持っていて離職)した場合、この金額が大きく変わります。

このことについては、また後日、記事にしたいと思います。

よかったらシェアしてね!
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について発信してます。新卒の就職先で過労とパワハラでダウンして、躁うつ病を発症。現在はヘルシーに働きつつ、ブロガーとしても活動中。
目次
閉じる