『「未来」のために「いま」を生きる』は果たして報われるのか?

どうもこんにちは、やべっちです。

キャリアとか仕事のことを考えて、「将来のために勉強したい」とか「業界の研究」とか「仕事の効率的なやり方」なんかを勉強したいって思いますよね。

僕は思っていました。

この記事を読んだら、何かがわかるわけではありません。

考えるきっかけになったらいいな、と思いつつ書いています。

この投稿をInstagramで見る

やべっち(@yabe_show)がシェアした投稿

目次

自分の価値を高めなきゃ!という焦り

果たして、走り続けないといけないのか?

それは、新卒で入ってメーカーで設計の仕事をしている時もそうでしたし、今の外資系企業で経理の仕事をしている時もそうです。

実際に、英語を勉強してTOEICのスコアを取ったり、簿記2級やファイナンシャルプランナー3級といった資格を取ったりしました。

最近では、経理の仕事に役立つかな〜??って思って、『消費税法能力検定』『法人製法能力検定』なんかも1級を取りました。
勉強方法については、別の記事に書いてあるので気になる方は、どうぞ。

こういった「目に見える資格」だったり、仕事の効率化の仕方のような「目に見えないビジネススキル」を身につけるためには、どうしてもそれ相応のインプットが必要。

つまり。時間を割く必要がある。

でもって、ちょっと焦ったりしますよね。

同期が、自分より英語が上手…

先輩のように、業界用語を使いこなしたい…

みんなより効率的に仕事を進めたい…

自分にはないものを求めて、人間は努力します。
(努力しない人もいますけど…まあ、それはそれで笑)

焦りすぎには「盲目」という危険が孕んでいる

将来のために、たくさんの自己投資をすることは、非常に勉強熱心で良いことだと思います。

ただ、内容によっては「いまじゃなきゃダメなの?」と言うものもあります。

人生には そのステージに応じて、その人にとっての『大切なこと』があります。

大学生であれば、勉強であったり、人間関係であったり、課外活動であったり。

独身の勤め人であれば、仕事の勉強だったり、ビジネスマン(ウーマン)としての基本的な常識を身につける必要がありますよね。

自由な時間を使って、旅に出たり、たくさんの人と出会ったり、そう言ったことができますよね。

結婚したり、パートナーがいたりすれば、その人との良好な(常に良好は難しいかもしれないけど…)関係を築くということも必要ですね。

子供が生まれれば…

と言うように、例を挙げればキリがないですし、それは人それぞれなので、全てをあげることはできません。

こう言った、「ステージに応じた『大切なこと』」がその人にとっての、その時に 『出来ること』が完全に一致することなんてあり得ないんですよね。

若手の頃は、結婚していても、バリバリ働きたい…

子供に手がかからなくなって、いざ働こう!と思っても、自分には若手の頃のようなエネルギーだったり、柔軟性だったり、そう言ったものはないことが多い。

この、「不一致」と言うものが、人生には常に存在しているけれど、気づかないこともあるのだ。

時間は前にしか進まない

「そんなことは 言われなくてもわかっている」って言う人が多い。

もちろん、僕だってそうだ。

以前、メーカーで働いていた時の上司の一人と飲みに行った。

ちょうど、僕が結婚をしたばかりの頃。

その人とレバ刺しを食べながら(いまはレバ刺しだめだよね)なんだか人生の振り返りみたいな時間になったのね。

”子供との時間を大切にすればよかった”

すこし寂しそうな表情が忘れられない。

その上司は、長い間、単身赴任が続いていて、多感な頃の息子さんとちゃんと向き合えなかったんだって。

もう息子さんは成人していたって言ってたけど、すっごく後悔していたようだった。

「あぁ、仕事で上手く行っているように見える人でも、こういう後悔みたいな感情って抱くんだな」と、若いながらに思ってしまった。

人生振りかえることはできても、過去は変えられない

過去を変えられたら、どうなっちゃうんだろう

さっき書いた、「不一致」と言うのは、自分ではどうしてもコントロールできないことなんだよね。

だって、結婚も出産も育児も、コントロールは難しいでしょう。

でも、目の前に広がっている「いま」に対する自分の態度、接し方は変えられるんだよね。

どうしても、コントロールできないものをコントロールしたくなりがちだけど、それはできないから、そこにエネルギーを割かないほうがいいね。

バランスを考えることが重要だが、答えはない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
プロフィール背景画像
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について「言葉を綴って」発信してるので、共感してもらえたら嬉しいです。 新卒の就職先で過労と人間関係でダウンして、躁うつ病を発症。2度の転職の末、外資系企業でヘルシーに勤務中。
目次
閉じる