オンライン英語学習「スパトレ」を受講したのでレビューします

どうもこんにちは、やべっちです。

だいぶ前からオンラインで英語を学習できるってことで、とっても助かりますね。

駅前留学しなくていので。

いっぱいありすぎて、どれがいいのかわからないですよね。

僕は今まで『レアジョブ』『DMM英会話』そして、今回ご紹介する『スパトレ』に取り組みました。

で、一番手応えがあったのがこの『スパトレ』なので、おすすめです。

まだユーザーが少ないし、露出も少ないのでマイナーですが、他のオンライン英会話よりも確実に実力がつきます

でも、大変で途中で力尽きるかも笑

結論:他のオンライン英会話より力がつく(が、勉強は大変)

目次

そもそも「英会話」じゃなくて「英語学習」

よく聞く「レアジョブ」や「DMM英会話」って、基本的には「英会話」なんですね。

で、僕が受講した「スパトレ」は「英語トレーニング(学習)」という打ち出し方をしています

要は、「喋れるようになりましょう」というスタンスではなく「英語を外国語として身につけましょう」というスタンスです。

なので、「英会話で外国人と話してれば、英語できるようになるっしょ〜」みたいな人には向いていません。

(そもそも、そんな方法で英語の実力が向上するかは疑問ですが…)

ちなみに、「スパトレ」ウェブページにこんなことが書いてあります。

第二言語習得論・認知心理学・脳科学の
研究結果を活用し
確実に英語力を身に付けることを目的とした
英語トレーニングサービスです。 

いや〜よくわかんねえっす笑。

どうしても知りたければ、この辺の本を読んだらいいかもしれません。

僕は、別に必要ないとは思います。

それよりも、受講したらいいと思いますし。

他のオンライン英会話より圧倒的に安い

スパトレには、2つのコースがあります。

月額2,980円って、安すぎでしょ。

ちなみに、1回のレッスン(トレーニング)は、外国人講師と一対一のスカイプ事業で、25分間ですので、他のオンライン英会話と同じですね。

1日に何回も受講したいのなら、無制限プランもありますが、僕は個人的に普通の「スパトレプランの2,980円」で十分だと思います(理由は後述)。

ちなみに、安いと言われている「レアジョブ」や「DMM英会話」と比較してみましょう。

■ レアジョブ:1日1回レッスンコースは月額5,800円
ただし、ビジネス英会話コースは月額9,800円!!

■ DMM英会話:1日1回レッスンコースは月額6,480円

こちらも、結構安いのですが、「スパトレ」は異常な安さです。

「レアジョブ」では、ビジネス英会話をしようとすると、課金(コース変更)が必要で、9,800円もしちゃいます

「スパトレ」は、学習内容にかかわらず2,980円ポッキリなので、かなり安いですね。

「安い」けど「講師のレベルは問題ない」

講師はフィリピン人が多いです。

時々、ポーランドとか東欧の人もいましたけど、大体はフィリピン人でした。

オンライン英会話と言えば「フィリピン人講師」っていう、半ば常識みたいなものなので、僕はあんまり気にしません

ちなみに「フィリピンの人って英語って訛ってないの?」とか言われそうですけど、気にしなくて大丈夫です。

マレーシアとかシンガポールとか中国の方々の方が訛ってますから!笑

(ちなみに、昔旅行で行ったチェコの人の英語もすごい訛りでした…)

「私は、綺麗なブリティッシュイングリッシュを学びたいわ〜」って人は、そういう教室に行けばいいと思います。

ただ、英語は「あくまでも仕事や学問で使用するコミュニケーションツールに過ぎない」と考えている人にすれば、フィリピン人の英語は、全く問題ないです。

やっぱり、マレー… なんでもないです。

もちろん、対面授業の英会話レッスンの先生(英語ネイティブで日本語OK)という人と比べたら、ちょっと物足りない感じはするかもしれませんが…

オンライン英語学習と対面授業は趣旨が違うので、同じレベルを求めるのは筋違いなような…

だから、「講師のレベルは問題ない」ですね。

「英語で英語を学ぶ」というスタイル

公式ウェブページでは、「市販の教材も使います」とありますが、僕は基本的に「スパトレ」が用意してくれた教材を使いました。

で、学習コンテンツは、レベル判定テスト(後述)の結果を踏まえて「スパトレ」から提示されます

そこで、僕は「英語ライティング初級」をやりました。

「初級」って言ってますが、結構みっちりやります。

あとで説明しますが、「スパトレ」は毎回宿題が出ます

しかも、レッスンが始まる前に、提出しないとダメ!

で、僕の作成した英文に、ガッツリ赤ペンが入ります!

で、「この言い回しはよくない」とか「ここは具体例を入れた方がいい」とかかなり事細かに「英語で突っ込まれる」というね…大変。

だから、ライティングの授業だけど、説明を英語で聞いて理解しなきゃいけないし、理解できたことを英語で説明しないといけないんです。

そして、出来上がった英文を音読するように指示があるのですが、「ここの発音が変だよ」とか、「英語で突っ込まれます」というね…、なかなか大変だよ。

「毎回」宿題がちゃんとでる

先述したように、トレーニングが始まる前までに、宿題を出す必要があります

wordファイルか、pdfファイルかの形式で、マイページからアップロードするのです。

だから、トレーニングを受ける前に、英語の勉強に時間を割く必要があります。

体感では、25分のトレーニングに対して30分の予習という感じ

結構大変でしょ?

だから、授業は1日1回でいいと思う。

よっぽど時間がある人じゃない限り、通常の「スパトレプラン2,980円」で問題ないんじゃないかな?

逆に言えば、トレーニング前に「今日の授業でやること」がはっきりしているので、安心感がありますね。

授業間の引き継ぎが適切にされる

宿題が毎回出て、トレーニング開始までに提出しないといけません。

なので、前回の続きで授業を行う場合、違う講師のトレーニングを受ける場合であっても、トレーニングの連続性が保たれます

僕が昔受けた「レアジョブ」「DMM英会話」では、「前科は何をやったの?」というやりとりから始まったので、結構なタイムロス

その点、「スパトレ」はそのようなことがないので、かなりのメリットがありますね。

※直近で「レアジョブ」「DMM英会話」を受けていないので、情報が古かったら教えてください

申込時の注意:レベル判定テストの予約がなかなか取れない

ここは結構注意点なので、気をつけましょう。

こちら、キャンペーン(ずーっとやってるっぽいけど)で、初めの7日間は無料トライアルで受けられます

だがしかし…

トレーニングの本コースを始める前に、受講者の「レベル判定テスト」を受ける必要があるのですね。

これは、外国人の先生の指示に従って、音読をしたり、読解問題を解いたりします。

これが、なかなか予約取れない…

というのも、この「テストをできる講師」の人数が限られているから。

だから、「これからやってみよう!」という人は、要注意です。

英会話だけしたい人には全くお勧めしない

このように、かなりガッツリした「英語学習(トレーニング)」なので、「フリートーク 」はありません

とにかく「英語力を向上させるために、徹底的にトレーニングする」という内容なので、雑談なんかしてる場合じゃないですからね。

ということで、「外国人の先生と楽しくお喋りしたい」という人は、絶対に申し込まない方がいいです。

お金がもったいないので。

逆に「英語力を向上せざるを得ない環境に置かれている」という人は、さっさと始めた方がいいです。

申し込もうか悩んでる時間がもったいないです。

1日1時間の英語学習って、かなり覚悟を決めないとできないですけど、確実に実力があがるので、キャリアアップを目指したい人は、一度受ける価値があります。

これは、自信をもってお勧め。

(1日1時間が難しければ、隔日授業で隔日宿題とすれば、30分で済みますね。それでもかなり安い。)

7日間は無料でトライアルできるので、試しに受けるってのもありですね。

一応、こちらに紹介しておきますので、気になる方はどうぞ。

「本気の人限定」らしいので、本気じゃない人はUターンしてください笑

補足:合宿コースもリリース

最近サービスがリリースされました。

スパトレの英語トレーニング方式で合宿ですから、相当力がつきますね(力尽きそう…)。

じゃ、英語を身につけてキャリアアップ、応援しています!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
プロフィール背景画像
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について「言葉を綴って」発信してるので、共感してもらえたら嬉しいです。 新卒の就職先で過労と人間関係でダウンして、躁うつ病を発症。2度の転職の末、外資系企業でヘルシーに勤務中。
目次
閉じる