地方転勤くそくらえ。田舎が嫌なら会社なんて辞めてしまえ。

どうもこんにちは、やべっちです。

賛否両論あると思いますが、僕の地方(田舎ですね)出向の経験と転職の経験から、「望まない地方・田舎勤務が嫌なら、会社なんてやめていい」と強く思っています。

転職して、都会で働きたい。

田舎・地方に残って生きていくのは嫌だ。

そういう思いは、大切にしていい。

なんなら、その会社をやめて、「転職」や場合によっては「起業」「インターンシップ」なんかの実行に移してもいいでしょう。

こちらの記事も読まれています↓

あわせて読みたい
残念な勘違い上司のエピソード 3選 あなたの周りにもいませんか?
残念な勘違い上司のエピソード 3選 あなたの周りにもいませんか?あるあるかもしれません。どうでしょう?【とりあえずダメ出しするけど、あることに気づかない上司】「最近の若い奴は、こんな資料もまともに作れないのか!やり直し!...
目次

「3年我慢すれば先が見える」の危険性

仕事が嫌になったりすると、こんな言葉を聞きますよね。

多分、まだ死後にはなっていないかも。

「なんでも3年やってみれば、先が見えてくる」とか「3年続けないと、キャリアに傷がつくよ」なんで言葉。

果たして、本当?

この言葉には、危険が孕んでいます。

よく考えて、自分の中で消化しましょう。

3年我慢しろと言っている人は行動したことがない人の意見

どんな時に「3年我慢しろ」と言われるのかは人それぞれ。

先輩や同僚、はたまた家族(親とかね)に、仕事を辞めたい、今の仕事が辛い、東京に戻りたい、と漏らした時でしょうか。

もしかしたら、飲み会の席で、なんの前触れもなく上司が説教をしてくるかもしれません。

でも、よく考えてください。

その人たちは「3年我慢して、その後に行動を起こしていない」ことがほとんどじゃないですか?

確かに、その人たちは「3年我慢して、その先が見えたから、今いる組織・会社に残って働いている」場合もあります

でも「3年我慢して、その先が見えようが見えなかろうが、もう『行動を諦めて』そこに残って働いている」場合もあります。

ちなみに、僕は転職を2回経験しています

そうすると、会社に「同期」っていう存在はいなくて、「転職組」とよく関わります。

いわゆる「プロパー組と転職組の壁(?)」みたいな。

「転職組」の人たちからの話だと「必ずしも、3年我慢する必要はない」という意見が圧倒的に多い

要は「3年我慢して、行動することを『諦めた人』は、自分の選択を正当化するため」に、「3年は我慢しろ」と主張する訳です。

そのような、「自分(の選択)を守るための意見」を鵜呑みにする必要はありません。

行動を起こす人は「3年計画」立てている

逆に、「転職組」でも「3年は同じ仕事を経験した方がいい」という意見もあります

これは「3年やれば、自分の専門性を磨くための土台づくりのため、一通りの仕事を経験できる」というのが理由です。

営業職にしろ、技術職にしろ、研究職にしろ、管理部門での事務職にしろ、組織・会社で働く以上、その会社のサイクル(要は決算の1年)を経験しておいた方が、仕事の全体像が見えてきます

僕は、技術職(設計開発)を3年→人事職を1年→経理職を1年と、今に至ります

技術職では、半年〜1年で1プロジェクトを回していきました。

人事職と経理職では、当然のように1年サイクルで仕事が進んでいきます。

そうすると、初めの1年は右も左もわからないまま、降ってくる仕事をこなすのに精一杯でしょうが、2年目になるとなんとなく要領がわかっているので仕事もスムーズにこなせます

3年目になれば、人によっては後輩や部下ができるので、仕事を人に教えるという「アウトプット」や「コーチング」の能力も身につけることができます。

大きな会社だと、これくらいのタイミングで「ジョブローテーション」という名の暴力的なガチャガチャポンが実施されることが多いので、潮時ということで転職しちゃうしともいますね。

こういう目標、道筋を前もってたててか「3年は頑張ってみよう」と動いている人もいます

なので、一概に「3年たたずにさっさと辞めた方がいい」とは言いません

3年という期間は案外長い

この3年ですが、実は結構な期間だということは認識していますか?

「嫌な仕事でも3年我慢すれば楽しさがわかってくる」という上司、先輩がいたとして、その人たちが「プロパー」である場合(つまり転職未経験)は要注意です。

その人たち、上司や先輩は、すでにその組織・会社である程度の期間を過ごしている場合がほとんど。

上司であれば20年を超える場合もあるでしょう。

さて、20年という期間に対してみると「たったの3年」でしょうが、新卒(学卒・院卒)の場合、「3年」という期間はものすごく長くて貴重だということを認識していますか?

僕は、浪人・留年なしのストレートで大学院まで修了したので、新卒社会人になったのは24歳の時です。

そこから3年経つと、27歳ですね(単純ですが…)

で、転職をしようとした場合、27歳というのは、もう「中堅」に半分以上足を突っ込んでいる訳です。

で、そこから転職するとなる。

27歳の転職です。

もう「新人・第二新卒」っていう枠では無理があります

下手をすると、「社会人経験3年しかない27歳」が「社会人経験5年ある27歳」と転職市場で戦わないといけない

これは、非常に難しい。。。

日本の場合、「院卒(つまり修士号)」というステータスはほぼ評価されません。

※博士号に至っては、もはやマイナスですらある…

※僕の勤務している外資系企業では、外国人管理職は修士号を持っているということを、それだけで評価してくれますし、この人は「修士号を持っている人だ」という見方をします

ということで、3年は実は長い…。

じゃあ、学卒だったらどうなの?

これも一緒ですよね。

ストレートで大学を卒業して、新卒社会人になるのが22歳、3年たつと25歳です。

まだ、ぎりぎりいけるでしょうが、ポテンシャル採用をしたいと考えている企業からすると、できるだけ若い方がいい

最低限のビジネスマナーを学んでいる社会人2年目前半の人材の方が欲しがられる可能性があります

(人事や経理など、管理部門の即戦力採用だと、一概には言えません)

ということで、「たったの3年」と言われますが、まだまだ若い人にとっては「3年」はとても長い期間になるのです。

この長い期間、「東京」で過ごすのか「田舎・地方」で過ごすのか、社会人人生に大きく影響します。

今の会社で登りつめたいのなら頑張ればいい

ここまで、「辛い環境で3年もがんばらなくていいじゃないか」とか、主張を繰り返してきましたが、その組織・企業で上まで生きたのなら、死ぬまで頑張ったらいいと思います。

いや、むしろ、その会社のために死ぬ気で頑張ってくれ。

もしかしたら、僕らは死ぬまで会社に雇われ続けたりして…むしろ、雇ってもらえるだけありがたい?

いろいろな部署を経験することで、その会社のプロを目指せる

ポータブルスキルというのはやや不足するかもしれませんが、「その組織・会社で必要な(よくわからないものも含めて)色々な力」を身につけることができます

ごく稀に、出戻りで出世する人もいるようですが、ごくわずかでしょう。

メーカーであれば、地方に工場や研究開発施設があることが多いですので、そこでの勤務経験は、将来その会社・組織の上層部まで上り詰めたいのなら、必須でしょう。

僕も、基本的には本社での企画・設計開発の仕事をしていましたが、地方の工場に勤務して、実際にものが作られている様子を見ることは、非常に勉強になりました

「この会社で偉くなりたければ、こういう経験・知見は必須」と思っていましたし、今でもそう思います。

このような場合、新入社員の配属が「田舎・地方」であったとしても、「自分が頑張れればOK」だと思います

会社内での人脈が増え、仕事がやりやすくなる

これも、その組織・会社で仕事を続けていくためには大事な要素になります。

結局、仕事とは自分一人でできるものはないので、多くの人の助けが必要になります。

そうすると「研究開発所にいるAさん」「関西工場にいる現場監督のBさん」「東北工場で営業をしているCさん」といった、多くの人脈があれば、困った時に聞くことができます

当然、そう言った人脈からは、その会社・組織特有の「暗黙知」も得ることができますし、そういった人脈自体が「暗黙知」であったりします

技術的な仕事であったとしても、「その人しか知らない知見」が重要な資産であったりする訳ですから…

このように、様々な部署での経験や人脈作りというのは3年ぽっちでは完結せず、5年、10年、15年と組織・会社内への影響力を持つことによって、完成していきます

新入社員の時に配属された部署というのは、思い出深い、いわゆる社会人人生のルーツのような場所になる訳ですしね。

なので、「その会社でずっと頑張り、上の方までいきたいのなら3年で諦めるのは早い」と思います。

そこは、自分の人生をどのように舵取りしたいか、人それぞれの価値観に依るものですが、「死ぬまで(定年まで)この会社で働くことはないのだろうな」と思うのならば、いったん冷静になって考えた方がいいでしょう。

田舎・地方に「デッドロック」されると身動きが取れない

ここまで、「3年我慢することの良い点と気をつけるべき点」について書いてきました。

「田舎・地方に居たくないけど、今は東京にいる」という人は、恵まれていますよ、本当に。

そういう人で「3年東京で働いたけど、次の3年は田舎・地方に転勤になる」という人は、以下の点に注意しましょう。

逆に「いま田舎・地方にいるけど、それが嫌でしょうがない」とか「このままずっと田舎・地方に張り付くようだけど、それは嫌だ」と思っている人も、以下の点に要注意です。

「自分はこの会社で上り詰めるから、どのような境遇にも屈しない覚悟ができている」という人は、ここでUターンしてください。

じゃあ、田舎・地方に転勤になるとどうなっちゃうのか、転職・キャリアという観点から考えていきましょう。

「地方」はそもそも転職案件もサービスも少ない

これは、びっくりするくらいありません。

ここは本当に日本だろうか…?は言い過ぎではない。

東京に住んでいると、電車の広告の多くは「転職サービス」であるくらい、転職案件やサービスが溢れかえっています

大阪や福岡といった大都市圏は、まだ頑張れる余地はありますが、地方にいくと致命的です

そもそも、転職サービス(いわゆる「リクナビ」「マイナビ」「doda」などのエージェント)の活動拠点は、東京とその他大都市圏のみになります。

これらのサイトで求人検索をすれば、すぐにわかると思いますが、求人がないのです。

だから、地方に転勤になり、そこでしばらく働く。

その後、転職したいと思っても、その地域では転職案件があまりない…

残念すぎる…!!

となるわけです。

「いやいや、うちの地元は某大企業の大規模工場がある」という声が聞こえてきそうですが、そういうことではないのです。

かりに、その大企業の大規模工場がその地方にあったとしても、その大企業に転職しようとした場合、「(東京や大阪などの大都市圏にある)本社に採用された上で、その地方に配属される」というプロセスが必要になります。

後の記事の想定読者層である大卒・院卒の人間は、基本的には「地方の大規模工場」に直接採用されることは、ごく稀です。

というか、そうだったとしても、採用自体は本社マターでしょう。

そんなこともあり、田舎・地方には転職案件はなく、結果、転職サービスも貧弱なのです。

転職市場にアクセスするのが容易ではない

では、頑張って大都市圏に展開している転職サービスにアプローチすれば良い、と言いますが、そんなことは簡単ではありません

地方大学から上京などして就職した人ならわかると思いますが…、「就職活動、移動とかがめっちゃ大変だったでしょ?」と言いたい。

もう昔の話ですが、就職活動のために、東京のホテルに長期滞在して転職活動をしていたが学生を知っています

※沖縄の大学生で福岡に長期滞在していた人も知っています

新卒の就職活動って、それだけ「移動が大変」だった。

だから、多くの人は、一時的に東京や大阪などに長期滞在をして、就職活動をする必要があったのです。

じゃあ、いま「地方・田舎で仕事をしていて転職しようとしている人」はそんなことができるのか?

明らかに無理でしょう。

仮に17時半きっかりに仕事が終わったとしても、東京・大阪などの都心に出てくるために1時間以上かかかるのであれば、転職希望企業との面接は18時半以降。

受け入れ企業はそんな時間から採用面接をしてくれるでしょうか?

19時開始なら、ギリギリセーフって感じしますけど、なかなか厳しいものがあります。

次の日はまた8時から仕事ですね!

面接も2次、3次と進むにつれて日程調整がかなりシビアになってきます。

そんなの、働きながらじゃ無理ですよね。

少なくとも、僕は無理でした。

僕が生活していたのは、名古屋まで2時間弱でしたね。

無理です。

名古屋も転職案件は東京より圧倒的に少ないし、そもそも東京がいいし。

そんなわけで、田舎・地方にいると、転職活動が「ほぼ無理」ということになります。

「会社の都合」で住む場所を変えてもいいと思えるのか?

さて、田舎・地方で働くことについて、散々なことを書いてきました。

さらに考えてみましょう。

仕事だけでなく、人生について。

情報は「空気みたいなもの」で感度が落ちる

情報化社会と言われるようになってから久しいですが、それでも、「情報」を含めて、「人」「もの」「こと」は東京一極集中です。

こと「情報」に関して言えば、インターネットがあったとしても、東京を中心に動いています。

僕も地方にいた経験がありますし、旅行に行った際にもよく思うのですが、テレビ番組や広告についてもそのように言えます。

当然、全国ネットのニュース番組は田舎に住んでいたとしても、見ることはできますが、テレビコマーシャルは東京と地方では全く違うものが流れます

これは、マーケティングのことを考えれば当然ですが、東京で展開するサービスのテレビコマーシャルを、地方局で流しても費用対効果が低いですから。

もちろん、番組も一部(もしくは多く)がさし変わります

テレビですらこのように、東京と東京以外の田舎・地方では差が発生している訳です。

書店についても大きな差を感じます。

東京以外の大都市圏(大阪、福岡など)だとあまり感じませんでしたが、地方だと顕著に感じます。

僕の住んでいる東京では、毎日の通勤経路に書店が何軒もあります。

家から最寄り駅までに1軒、電車に乗っていても2軒(エキナカに書店がいくつもあります)、職場の周りにも2軒です。

職場から少し歩いたり、通勤電車を途中下車すれば、大型書店を含めて、本屋さんは何十軒のあります

方や、僕が以前生活していた地方では、県庁所在地の駅ビルの中にこじんまりした書店が1軒、車でしかいけないショッピングモールの中にショボい書店が1軒。

これは、悲しくなります。

読書好きとしては辛い。

本はインターネットで買えると言われますが、やはり書店でプロが選んだ良い本(場合によっては売りたい本)を眺めながら、本を選ぶというのが大事なのです。

そして、街中の広告に至っては、差が歴然でしょう。

僕は「広告が好き」というわけではありませんが、街中、エキナカ、電車の中、東京では至る所に、「広告」が存在します。

大都市圏では、東京との差は幾分小さいかもしれませんが、地方にいくと、やはり顕著です。

このように、テレビ、書店、広告という3点だけをかいつまんでも、「情報」について、東京と田舎・地方では差が歴然です。

そのような状況で、田舎・地方で生活していると、圧倒的に「情報感度が低下」します。

その結果、「発想力」など(場合によっては「思考力」も)が低下していきます

これは、なかなかしんどいものがありまして、地方生活していた頃は、心がおれそうになりました

人間が「変わる」3要素が揃っている

伝説のコンサルタントの大前研一さんのこの言葉、ご存知ですよね?

「人間が変わる方法は3つしかない。
1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。
この3つの要素でしか人間は変わらない。
最も無意味なのは、
『決意を新たにする』ことだ。」

というやつ。

ん?

気づきましたか?

田舎・地方勤務を命じられ、東京を離れることになると、この2番と3番がガッツリ当てはまります

もちろん、時間の使い方も変わるでしょうから1番も当てはまることになるのですが。

ということで、どんなに本人が(どんなものであれ)決意したところで、この3条件をすべて満たしてしまうので人間が変わります

人生が変わります。

良い方に変われば良いですし、好ましくない方に変われば残念ですね。

この2番と3番は先述した「情報感度」に通じるものもあるんじゃないかなと思います。

ということで、会社が会社の都合で出す「紙ペラ一枚の辞令」で、あなたの人生が大きく変わります

よくもわるくも。

あなたの人生は会社の手中にある

そう、会社が会社の都合で出す「紙ペラ一枚の辞令」で、あなたの人生は大きく変わるのです。

「人材教育のためにジョブローテーションをする」という建前はありますが、基本的には、組織・会社ないの人員調整のために、「辞令」は出されます。

もう一度言いますが、「僕は田舎・地方勤務が悪い」とは言いません。

その会社で上まで上り詰めたいなら、必須の経験です。

でも、そうじゃないなら「いろいろと不都合が生じる」といっているのです。

残念ながら、配属も勤務先も(ほとんどの場合は)自分では決められません。

会社が決めるのです。

それを、受け入れるか、受け入れないかは、あなたが決めるのです。

もちろん、「辞令」を断ったらしかるべき処分をうけるしょうが…。

「勝手に私の人生を決めるな」という思いは「悪」ではない

先ほど書いたように、僕は田舎・地方での勤務・生活で心が折れそうになりました。

しかも、新婚時代に単身で縁もゆかりもない田舎に、車なしで放り込まれました

「ふざけるな」という思い出いっぱいでした。

そういう感情を持つこと自体は、悪いことではないでしょう。

そして「会社の都合で勝手に僕の生活を変えられるのは辛いんだな」と考えました。

何のために「働く」のか?

哲学的なことは言いません。

生きる糧、つまりお金を得るために働くのです。

もちろん、仕事を通した成長とかそういう色々なことはあるでしょうが、お金がもらえないと困りますよね。

で、そのお金を幸せな人生になるように使う

別に「会社にしがみついて働くために、働いているのではない」ということを、冷静になって考えましょう。

上手くいくかは「運」の要素が強い

そして、残念ながら「こうしたらうまくいく」という方法はありません。

あれば、僕にだけこっそり教えてください。

どこに勤務になるのか、寮の部屋は角部屋なのか、どんな上司一緒に働くのか。

そういった、仕事に関することの多くは、すべて「運」で決まります

会社は自分で選べるかもね。

「運は自分で変えられる」とか言いますね。

そういう意見は否定しませんし、ある意味本当だと思います。

だから、こうしましょう、というスピリチュアルなことは言いません

それを、ただただ受け入れるか、何か行動にうつすかは、自分次第ということ。

さいごに

別に、僕はこの記事を通して、読者のみなさんに転職して欲しい、なんて思いはみじんもありません

ただ、僕は田舎・地方での勤務と生活を通じて、このように強く思っています。

で、田舎にはいきたくないから、2回転職をして東京で働いています

「望まない田舎・地方勤務が嫌なら、会社なんて辞めていい」と思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
プロフィール背景画像
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について「言葉を綴って」発信してるので、共感してもらえたら嬉しいです。 新卒の就職先で過労と人間関係でダウンして、躁うつ病を発症。2度の転職の末、外資系企業でヘルシーに勤務中。
目次
閉じる