休職中に転職が決まったらそのまま退職して良いのか【体験談&具体例】

どうもこんにちは、やべっちです。
みなさんはこんな悩みがありませんか?

「いまはうつ病とかのメンタル不調で休職しているけど、元の職場には戻りたくないな…」
「休職中に転職活動したいけど、内定もらったら今の会社ってそのまま退職できるのかな…」
「休職からそのまま退職するのってトラブルになるんじゃないかな…」

その気持ち、すごくよくわかります。

僕は新卒で入ったメーカーでうつ病(その後に双極性障害に診断が変わりました)を発症して、今も薬を飲んで治療をしています。
そんな僕が、これらの悩みにお答えします。

先に結論を言うと「休職中に転職が決まって、そのまま退職しても問題ない」です。

目次

理由① 法的措置を取られる根拠はない

皆さんが「休職からそのまま転職するために退職して良いのか?」を不安に思う理由は大きく2つあると思います。
そのうちの一つが「会社とトラブルになるんじゃないか」という心配ではないでしょうか。

急に退職したことで会社に対して迷惑がかかる。
だから損害賠償とかそういう重たい話がててきて、面倒にならないかな…。

いやいや、大丈夫です。

一般的には、被雇用者(いわゆるサラリーマンやアルバイトの勤め人)については、退職の意図を雇用主に伝えれば退職できることになっています。

それは休職していてもいなくても同じです。

会社の就労規則を見ると、退職に関する事項に「退職日の1ヶ月(2週間とかの場合もあります)以上前に申し出ること云々」と記載があるはずです。
もし記載がなければ、その就労規則はヤバイので、労基署に相談しても良いかもしれません。

とにかく「退職を申し出て、退職受理されて、退職する」という一連の流れは、サラリーマンの権利ですので、休職中でも同じく退職したい旨を申し出れば問題ありません。

ちなみに「有期契約社員」だったとしても退職の意向を申し出れば退職できます。
ただ、有期契約である場合は、期間満了で自動的に退職もできるので、それもアリかもしれません。

理由② 立ち去る会社に対して気を使う必要はない

そうは言っても「休職中にそのままやめるなんて、周りに迷惑かけちゃうよ」と思うかもしれませんが、問題ないです。

まず1つ目の理由として、「すでにあなたは休職していて職場にいない」からです。
退職することで組織に穴が開くことは事実ですが、すでに休職しているならすでに組織には穴があります。
でも、現場いる人数でなんとか職場は回っているはずなので、そのまま退職しても職場へのインパクトは少ないでしょう。
組織とはそういうものです。

そして2つ目の理由ですが、「立ち去る会社に気を使う必要は全くない」からです。
休職の原因がメンタル不調で、それが職場の人間関係だったり過重労働だったりする場合、職場に気を使うのは筋違いではないですか?

職場や上司は、部下や職員が安心して働けるようにする「安全配慮義務」があります。
職場環境起因のメンタル不調は、この「安全配慮」が足りなかったからですよね。
職場があなたに対して「気を使っていなかった」からですよね。

だから、あなたも職場に対して「気を使う必要はない」です。

さらにいうと、会社組織とは「個人が何か成し遂げたいことをするための道具」でしかないと思っています。
「僕はこの会社で世界を変えるんだ!」って高い志を持って入社したとします。
もしかしたら「たくさん稼ぐぞ!」とか「とりあえず食べていくため」かもしれません。
目的はなんでも良いです。
とにかく、あなたが「何かを成し遂げたい」からその会社に入ったわけですよね。
ただ、休職してしまっている以上、その目的は達成できないわけです。
つまり、その「会社という道具」はもう使えない。
そんな道具、捨ててしまって問題ないです。

今後、したたかに(強かと書きます)生きていきたいなら、それくらいのタフネスでドライな思考を持っても良いともいますよ。

僕は実際にそうしたし、問題なかった

じゃあ、やべっちはどうだったの?そう思うかもしれませんが、僕は実際に休職中に転職活動&内定ゲットして、そのまま退職しました。

全く問題なかったです。

上司はかなりたじろいでいたようですが。
まあ、気にしなくて良いと思います。

同期入社の仲間からは、心身を気遣った言葉をもらえたし、リクルートしてくれた先輩や他部署の上司からも労いの言葉をいただけました。

まあ、人間関係をどう考えるかという問題はありますが、自分の健康を最重要事項として考えるのが、これからの時代の主流になると思います。

問題ないです。

具体的にどのような手順で退職したか

冒頭でも書きましたが、僕は新卒で入ったメーカーでうつ病を発症し、1年10ヶ月休職しました。

休職1年8ヶ月目に転職活動を始めて、すぐに内定をいただき、1年9ヶ月目に退職の意向を伝えました。
休職中は会社に行かないので、上司に「来月末で退職します」とメールしました。

あとは、淡々と退職の手続きが続きました。

転職活動についていえば「うつ病経験者は圧倒的に不利」という風潮ですが、うまくやれば大丈夫です。
というか、普通に転職は困難なので「障害者雇用」をうまく使いましょう。
これは、別の記事で紹介しているので気になる方はご参考下さい。

補足① 念のため就労規則を確認する

とはいえ、休職中に転職活動して退職するのって本当に大丈夫なのかな?って思っちゃう人は、就労規則を確認してみましょう。
産休や育休からそのまま退職するのはNGとか書いてある可能性もありますが、病気休職からの退職はNGとは書いていないはずです。
そして、どうしても心配だったら、所管の労働基準監督署(ハローワーク)に問い合わせても良いでしょう。
ちゃんと丁寧に教えてくれます。

あとは転職エージェントに聞いてみても良いですね。
僕は転職エージェント経由で転職しました。

補足② 心配しているあなたは会社に縛られている

繰り返しになりますが「休職中に転職が決まって退職するのが心配」だったとしても、問題ないです。
大丈夫です。
訴えられたりしません。

そもそも、立ち去る会社に対して遠慮している時点で、その会社に縛られていますし、もしかしたら洗脳されているかもしれません。

僕も当時は新卒で入った会社で、他所の会社や転職について無知だったので心配でした。

上司は「ここでへこたれて他に逃げたって、そこでも辛い目に合うぞ」って脅されたりしましたが、そんなことはないです。
そもそもその上司は転職経験ありませんでしたし。

僕はいま3社目で働いていますが、結構ヘルシーに働けているし、自分の強いところをいかしたポジショニングをとったので働くのが精神的にもラクです。

会社は目的を達成するための道具です。

心配し過ぎも良くないので、とっとと転職決めて退職しちゃいましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
プロフィール背景画像
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について「言葉を綴って」発信してるので、共感してもらえたら嬉しいです。 新卒の就職先で過労と人間関係でダウンして、躁うつ病を発症。2度の転職の末、外資系企業でヘルシーに勤務中。
目次
閉じる