アンパンマンの映画が大人にもグッとくる件

以前の記事で、家族でアンパンマンの映画を観てきたと紹介した。

大変、よくできた映画だった。

故に、僕はかなり熱中してみていた。

下手な映画より、考えさせられるものがあったような。

妻は、上映中も息子のケア(どう?お茶飲む?トイレ平気?的な声かけ)をしていたが、僕はガン無視で映画に熱中していた。

目次

普段のアンパンマンについて思うこと

アンパンマンは、やなせたかしが創り出した、あんぱんのヒーローだ。もともとは、もうちょっとシュールな漫画だったらしいが、その辺は割愛。

とりあえず、僕の小さい頃から日テレで放映されている、教育的なテレビアニメだ。

ばいきんまんがいたずらして、困った人をアンパンマンが助けるっていう、よくあるストーリー。

正直、ばいきんまんが悪いことをしたということで、アンパンマン(やその仲間たち)が、パンチなりキックをしてやっつけるという構図は、やや好きではない。

悪いやつには、「パンチなりキックをしてもいい」みたいな潜在意識の刷り込みが起こるのではないか?と思ってしまう。

僕も、毎日のように、息子からのアンパンマンパンチとキックを食らっている(別に悪いことはしたつもりはないのだが…)。

とはいえ、困った人を助ける、というマインドは素晴らしいし、心の優しさを育むのにもいい番組なのだと思う。

ただ、アンパンマンの挿入歌に「毎日休まずパトロール」という一説には、現代の働き方改革の潮流とは相容れない部分もあるのかな、とも思ったり。

映画のアンパンマンについて思うこと

基本的には、ばいきんまんが悪いことを考えて、アンパンマンが解決する(武力行使も厭わない場合もある)という大枠は変わらないが、そのきっかけが毎年異なり、ゆえにメッセージ性も変わってくる。

そして、意外と「ばいきんまんにも心優しいところがある」というシーンも出てきたりする。まるで、ドラえもんの映画で「ジャイアンが実はいいやつ」的な感じだ。

で、僕は、映画のアンパンマンのメッセージ性が非常に好き、というか、大人の心にも刺さるな、と思うのだ。

映画アンパンマンのメッセージ性

今年の作品では「自分のやることが『やりたいからやる』ではなく『やらなければならないからやる』という苦悩を抱えるヒロインが、自分の生きる道に気づく」的なメッセージ性を読み取ることができる。

結構、大人にも刺さるメッセージだ。

いや、平成生まれだからなのかもしれないが。

妻にも「あのヒロイン(バニラ姫)は、あなたみたいだ」と言われたので、このメッセージ性の解釈はあながち間違っていないのだと思う。

果たして、幼児にはここまでのメッセージ性を読み取ることができるのだろうか?

実は、親世代に対するメッセージなのかもしれない。

いや、きっとそうだ。

そうに違いない。

今年のヒロイン役をつとめた声優は、榮倉奈々だった。

去年は、杏だった。

僕の一番好きな女優さんは杏なので、昨年の映画を観ることができず悔やまれたが(今週地上波で観ることができた)榮倉奈々は、それはそれでがいい感じだった。

これは、今回の記事の趣旨からは離れるのでどうでもいいが。

大人になっても感性を磨くのって、大事だな、と思わされる作品だった。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
プロフィール背景画像
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について「言葉を綴って」発信してるので、共感してもらえたら嬉しいです。 新卒の就職先で過労と人間関係でダウンして、躁うつ病を発症。2度の転職の末、外資系企業でヘルシーに勤務中。
目次
閉じる