子連れで飛行機 座席はどうする?泣いた時の対応は?

息子を連れて家族3人で石垣島に行ってきました。羽田から3時間以上のフライトです。

親戚に会いに、1時間半程度のフライトも経験しました。

 

当時の息子は8ヶ月くらいの赤ちゃん。飛行機って大丈夫なの?と心配でした。きっと、皆さんも心配でしょう。

そんなわけで、当時の経験をもとに、アドバイス記事を書いていきます。

 

目次

「エコノミー」がいいか「クラスJ」がいいか

国内線の場合、幼児(3歳未満)はお金がかかりません。もちろん、膝上での利用に限りますが…。

そうすると、父親・母親・息子の3名の場合、大人2名料金で息子も一緒に搭乗できます。

で、膝上での利用だから、「エコノミークラスはしんどいのでは?」とか「クラスJの方がいいのか?」という疑問も湧いてきます。

 

我が家では、どちらのクラスも利用しました。

 

結論…

僕は大人2名なら「エコノミークラス」がいいと思います。

 

なぜなら…

まず、座席の形状を考えてみましょう。

エコノミークラスの座席は、確かに1席ずつのスペースはクラスJより狭いです。言ってしまえば、新幹線の普通車みたいなもんです。

かたや、クラスJの座席は、確かにゆったりしています。リクライニングも深いですし、立派な肘掛けもあります。新幹線のグリーン車みたいなもんです。

 

で、大人複数名の子連れの場合、決定的なポイントは「肘掛けが収納できるかどうか」なんです。

 

なぜか?

大人2名の場合、肘掛けを収納すると、2名分の座席がひとつながりの座席になります。よって、僕と妻の間に息子を座らせることができるのです。

もちろん、膝上で抱っこする場合は、ちょっと窮屈です。ただ、長時間のフライトだと、抱っこをやめて、椅子に座るような体勢をとらせることもあります。

そうなると、2名分の座席の間にちょこんと座らせるために、肘掛けを収納する必要があります。

 

で、これは「クラスJ」ではできません。どっしりした肘掛けはありますが、逆にその立派さゆえに、肘掛けの収納はできないのです。反面、「エコノミークラス」の座席では、離着陸時を除いて、肘掛けは収納できます。

 

そうすると「エコノミークラス」が良い!ということになるのです。

 

ちなみに「クラスJ」だと、1名分の座席の幅は広いのですが、2名分の座席をひとつながりで利用できません。そうすると、1名分の座席に、大人1名と子供1名ということになります。

そういうシチュエーションでは、「クラスJ」の座席幅って少し足りないんですよね。

 

もちろん、大人1名で幼児(乳児)を連れて行く場合は「クラスJ」の方が圧倒的に快適でしょう。

 

「窓側」がいいか「通路側」がいいか

これも悩ましい問題ですね。

子供は、窓の外を見たがる生き物です。

 

そんなわけで、「窓側」を選んでしまいそうですが…

 

「通路側」を選びましょう。

だって「飛行機に子連れで乗るのが心配だ…」と思ってこの記事を読んでいるのでしょう?

何が心配か?っていうと、「途中で子供がぐずったらどうしよう…周りの人に迷惑にならないだろうか…」が心配なんですよね?

子供がぐずった場合は、座席から離れて(緊急脱出して)気を紛らわすということがポイントになります。

そうすると、おのずと「通路側」という選択肢が残ります。「窓側」だと、子供を連れたまま座席を離れることは困難です。

 

そして、「景色が楽しいのは基本的に離着陸の一瞬だけ」なのです。巡航中は空しか見えません。

 

ちなみに、息子は寝ていて、窓の外の景色を楽しんでいた、ということはほとんどなかったです。

 

そして、大人も座りっぱなしは疲れるので、立ち上がれる「通路側」がオススメです。

「前方」がいいか「後方」がいいか

これはなんとも言えません。

使用機材にもよりますが、トイレ(またはギャレー、キッチン)が近い方がいいです。

A320などの小型の国内線機材であれば、後方にトイレがあるのでその近くがいいです。

逆にB767やB787などの大型機材であれば、中方にもトイレがあるので、その近くでもいいと思います。

 

とにかく、シートマップを見て、トイレが近い座席を選ぶのがベスト。

だいたいん飛行機の構造上、トイレの近くには非常扉があります。本当はあまり近付くのはよろしくないかもしれませんが、非常扉の小窓から外を見せるだけでも、子供は案外落ち着くんです。

泣いた時はどうする?

やはり、一時的に席を離れる、という手段が非常に有効です。

飛行機特有の閉塞感が嫌で泣き出す子もいますので、座席を離れて広いところ(トイレや非常扉の周り)に行くだけで気が紛れて落ち着くことも。

そして、客室から少し離れると泣き声も多少気にならなくなるので、大人の気持ちとしてもイイかもしれませんね。

 

この他に、お菓子やジュースをあげて気を紛らわせることも有効です。もしかすると、お腹が空いて、ぐずっているだけかもしれませんし。

 

あとは、動画を見せるという奥の手もありますね。

まとめ

小さな子供を連れての飛行機は、なかなか不安がつきまとうとは思います。

ですが、座席の選び方に注意することで、不安を小さくすることができます。

 

ポイントとしては、子供と一緒に座ることを踏まえて、座席クラスを選ぶこと。

そして、できれば「通路側」の「後方(またはトイレ周辺)」を選ぶことがポイントです。

 

では、楽しいフライトを!

よかったらシェアしてね!
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について発信してます。新卒の就職先で過労とパワハラでダウンして、躁うつ病を発症。現在はヘルシーに働きつつ、ブロガーとしても活動中。
目次
閉じる