1年間YouTubeを見続けた2歳の息子の末路

息子は2019年2月時点で、2歳3か月になります。

僕は「子供にYouTubeなんて見せるのは絶対反対、スマホやタブレットを渡すなんてもってのほか」という思想の持ち主です。

それは今でも変わりません。

目次

YouTubeの力を借りる

しかし「オトナの事情」という名目で、息子にはYouTubeなりを見ていてもらわないと困る時があるよね。

飛行機や電車での移動など、公共交通機関を利用する時なんてそう。
車移動なら、どんなに騒いでも、他所様に迷惑をかけることはありません。
でも、やはり飛行機や電車だとそうはいかないんですよね。
特に飛行機。
そう簡単には(というか確実に)途中で降りることは許されない。もちろん「ギャレーに逃げ込んであやす」という手も取れるが、いつもできるとは限らない。

そんなオトナの事情で、YouTubeを使うということが、イマドキは普通なんだと思う。

では、我が家はどうかというと。

家の中で泣き叫ぶ息子。
息子と対峙する父親。

仕方なく、YouTubeを見せる。

なんと罪深いことに、我が家のテレビではYouTubeが観れてしまうんです。

J:COMというやつが入っているため、オンデマンドチャンネルさながらにYouTubeが観れてしまうんだ!

その後、Amazon FireTVを入れています。

そんなわけで、1年前には息子のYouTube生活が始まってしまった。

何を見せたか?

そこが問題です。

息子は電車が大好きだ。
当時、妻の職場併設の保育所に預けていたため、毎朝電車に乗っていたというのもあると思います。

そして、男の子は、大抵乗り物が好きですり

そんな状況なもんで、息子は1年前から電車が大好きです。

話を戻します。

YouTubeで何を見せたか、です。

「電車が通過するだけの動画」です。

駅に設置した定点カメラで、通過する電車を撮影している。

ただ、それだけの動画です。

YOUTUBERがコメントを添えるでも、テロップを入れるでもない。

ただただ、電車が通過するのです。

息子は、キャッキャと喜んで見ています。

オトナとしては、大変助かる動画なです。
(ちなみに、再生回数は数十万回を超えているので、一定の需要はあるのだろう)

そんなわけで、息子のYouTube電車動画ライフが始まってしまいました。

ハイパーリンクの罠

YouTubeには「関連動画」を表示する機能がある。今や常識です。ただこれが、人間の思考を衰えさせるという代物で、要注意なのだ、ということは重々承知。

だが、人間は弱いもので、この「関連動画」というハイパーリンクにまんまと乗っかってしまう。

僕も例外ではありません。

色々な電車の動画を観ました。親子で。

新幹線も蒸気機関車も。

そして…

「鈴川綾子チャンネル」も。

そう、「鉄道好き芸人の鈴川綾子さん」のチャンネルです。

鈴川さんは、いまは二児の母。

4歳ひたちくん、1歳ときわくんと3人で、鉄道旅行に行った時の紹介や、おもちゃの紹介など、様々な動画も載せています。

鈴川さんだけで、鉄道の試乗会に行ってきた、みたいな動画もあったり。

ホームビデオみたいなものもアップされていたり。

息子はどハマりしました。

僕も。

そして、妻も笑

我が家は、YouTubeと言う名の鈴川家のホームビデオを1年間見続けました。

息子に何が起きたか

僕と妻は、電車に詳しくなりました。

ひたちくん、ときわくんの成長を、親戚のおじさんおばさんのように暖かく見守っています。

息子は、電車にすこぶる詳しくなりました。

そして、口が達者になりました。

そう、言葉が飛躍的に伸びたのです。

そして、電車に絡めて色を覚え始めました。

電車の車両を数えることで、数を数えられるようになりました。

プラレールの片付けも、自分でできるようになりました。

きっと、4歳のひたちくんは、息子にとっての「バーチャルなお兄ちゃん」になったのだと思います。

よく、「テレビでは子供は言葉は覚えない」といいます。

僕もその意見には賛成です。

子供をテレビの前に放置したのでは、言葉なんて覚えるわけがないよね。

我が家では…

YouTube(鈴川家のホームビデオ)を見ながら、家族で会話をしています。

「ひたちくん、大きくなったね!」
「ひたちくん、プラレールナイナイできてるよ!」
「ひたちくん、ご飯ちゃんと食べてるね!」

と。

息子は2歳3か月にしては、かなり口達者だと思います。

比較的、言葉を覚えるのが早いと言われる保育園通いの子供と比べても、遜色ないと思うのです。

きっと、YouTubeも使い方を間違えなければ、教育教材(とまでは行かないまでも)のようには使えるのかもしれません。

少なくとも、「悪影響しかない」とは言えないかもしれません。

ただ、これは「YouTubeはテレビで、しかも家族と一緒に見る」というルールがあるから、かもしれないけれど。

きっと、「タブレットを渡して放置」だと、結果は変わっていたかもしれません。

比較実験はできないし、科学的根拠はないので、なんともいえませんが。

ただ、YouTubeのおかげで、息子は電車に詳しくなり、周辺知識や知恵も身に付きました。

つまり、成長したのです。

これが、1年間YouTubeを見続けた2歳の息子の末路です。

息子4歳になる:問題発生

最近はディズニーやポケモンにハマっています。

妻が仕事で僕がワンオペ の日などは、どうしてもYouTubeに頼るのですが、廃人のように動画を見続けています。

本当はこどもチャレンジとか、ワールドワイドキッズを見てもらえるといいのですが、残念ながらそういう訳にはいかず…。

YouTubeそのものが子供に悪影響を与えてるかは不明ですが、他の「良質なコンテンツ」見る時間が減ってしまうのは考えものです。。。

Amazon FireTVだとディズニープラスが観れるので、それでディズニー映画をみせることで、何となく大人の罪悪感を和らげています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
プロフィール背景画像
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について「言葉を綴って」発信してるので、共感してもらえたら嬉しいです。 新卒の就職先で過労と人間関係でダウンして、躁うつ病を発症。2度の転職の末、外資系企業でヘルシーに勤務中。
目次
閉じる