nuro光のマンション工事 できる?できない?

2020年4月に無事にマンションに引っ越しをするわけですが、今の世の中インターネットは必須インフラ。

せっかくだから『世界最速』と言われている『nuro光』を導入しようと思いました。

今回はその件について記事を書きたいと思います。

目次

『nuro光』は世界最速らしい

インターネット光回線ってたくさんあるけれど、この『nuro光』っていうのが、かなりの高速回線らしい。

2020年3月はCM露出も多かったですね。

『nuro光G2Vプラン』というモノだと、下り:2Gbps 上り:1Gbpsというなかなかのスペックのもの。

料金も『月額4,743円+税』という、比較的リーズナブルな設定。
※2020年4月現在

最近では、写真やビデオは『クラウドストレージ』に保存するのが主流になりつつあるので『上り:1Gbps』というのは非常にありがたい。

ということで、新居ではこの『nuro光』を是非とも導入したいという思いで、申込をしたわけです。

ちなみに、転居前のアパートでは『J:COM 320Mbps』というプランを使用していました。

『nuro光』は工事が2回必要!!

普通、インターネットの光回線の導入工事は1回で終わります。

街中の光ファイバーを分岐させて建物の中に引き込み、それを建物内の配管を通して室内の光コンセントの作成&接続するってわけですね。

ただ、なぜか(技術的な問題だと思いますが…)『宅内工事:室内の光コンセントの作成』と『屋外工事:光ファイバーの引き込みと接続』の工事が分かれています。

ってことで、工事の立ち合いが2回必要ってことで、若干面倒…

これも『高速光回線』のためのコストってことで、容認しましょう。

工事日程の予約が取りにくい…

僕は、申込を4月1日にしましたが、1回目の『宅内の光コンセントの作成』という工事が5月13日になってしまいました…

(年度はじめ、新型コロナウイルス COVID-19の影響もあるかもしれませんが、混んでいました)

こんな感じの工事ですね。

光回線を引き込むには、一般的な作業です。

転居前のアパートには『auひかり』が入っているのですが、こんな感じの光コンセントがあります。

ってことで、申し込みから工事まで1ヶ月半。

なかなか工事日程の予約が取りにくいんですね。

予約・申し込みは早くやっておいた方がいいですね。

『屋外工事』がなかなか厄介…

さて、この『nuro光』を導入する上でのハードルとなるのが『屋外工事』なんですね。

僕の場合は、中古マンション(分譲)に引っ越すわけでしたので『屋外工事の許可』を管理組合からもらう必要があるんです。

こんな感じの工事をするわけですから、外壁に『キズ』がついてしまうんですね。

ということで、管理組合の許可が必要ということ。

僕が引っ越す中古マンションは、『管理会社』がありまして、そこ経由で『管理組合』に許可を取る必要がありました。

で、『管理会社』に「nuro光というインターネット回線を引き込みたいのですが…」と伝えたところ「うちのマンションはすでにインターネット回線が入っているので、新しいところは許可していないんですよね」と、一発アウト…

あぁ、無情…

ということで『nuro光』の導入は早々に頓挫したのでした。

『工事不可』の場合、キャンセル料はかからない

ということで、残念ながら『nuro光』は入らなかったので、キャンセルの申し込みが必要です。

早速、サポートデスクにキャンセルの電話。

キャンセル理由を聞かれますが「マンション管理組合から屋外工事の許可が下りませんでした」と伝えればOKです。

これは『申込者都合には該当しない』のでキャンセル料がかからないんですね。

あくまでも『工事ができない』という理由ですから。

ということで、マンションの場合は『nuro光の導入のハードルは結構高い』ってことなんですね。

ただ、申し込んでみるのは無料ですから、興味があるなら『まずは申し込んでみる』というのがいいと思います。

結構、大きなキャンペーンをやってるみたいですから。

『nuro光』を導入できないのは残念でしたが、僕は今まで使っていた『J:COM』を使うことにしました。

よかったらシェアしてね!
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について発信してます。新卒の就職先で過労とパワハラでダウンして、躁うつ病を発症。現在はヘルシーに働きつつ、ブロガーとしても活動中。
目次
閉じる