病気で仕事を休むことに…傷病手当金の期間について

メンタル不調(『うつ病』とか『双極性障害』とか)で、お仕事をお休みしなくてはならなくなったとき、お金の心配はつきもの…。

基本的に、会社に勤めている人は、健康保険組合に加入していますので、万が一、仕事ができなくなってしまっても『傷病手当』というカタチで、生活のためのお金が一定額支給されます。

いざ『傷病手当』を受給する状況になったとき、労務担当者の言われるがままに「あれよあれよ」と手続きを進めることになると思いますが、実際はどんな感じなの?っての、ここでご紹介できればいいなと思います。

目次

意外と知らない?傷病手当金の受給期間

すっごくざっくりいうと、『1年6ヶ月』が受給可能期間です。

(一部の健康保険組合では、最長3年程度まで延長できる場合もあるそう。僕が以前勤めていた会社がそうでしたが、世間的にはごく稀なようです)

ただし、『待機期間』というものがあり、お休みしてからの3日間に対しては、支給されません。

それ以降は、日額で支給されます。

金額的には、こちらもざっくりですが『月収額面の2/3くらい』というものです。

『ざっくり』というのは「各種手当てが支給金額の算定基準に入るのか?」というところが、会社それぞれなので、ざっくりという表現にしています。

『傷病手当』なので、骨折とかの怪我でも、病気でも支給されます。

(通勤中の怪我とかは労災になりますので、『傷病手当』は支給されません)

病気は、もちろん、メンタル不調である『うつ病』や『双極性障害』などによる休職に対しても、しっかりと支給されます。

*ここでは、『1年6ヶ月』の間に「休職期間」が終了せず、会社に在籍し続けられる場合を想定して、ご説明いたしますね

つまり、『1年6ヶ月』の間にクビにならない、という場合です。

詳細は、”全国健康保険協会のWebページ”をご覧になればわかるのですが、ここで図と文章を引用いたしますね。

”<支給される期間>
傷病手当金が支給される期間は、支給開始した日から最長1年6ヵ月です。これは、1年6ヵ月分支給されるということではなく、1年6ヵ月の間に仕事に復帰した期間があり、その後再び同じ病気やケガにより仕事に就けなくなった場合でも、復帰期間も1年6ヵ月に算入されます。支給開始後1年6ヵ月を超えた場合は、仕事に就くことができない場合であっても、傷病手当金は支給されません。”

あわせて読みたい
病気やケガで会社を休んだとき | こんな時に健保 | 全国健康保険協会

つまり、図で示すと以下のようになります。

(出典:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139

ってこと。

おそらく、ここまでは、会社や健保からもらえる資料にも書いてあるので、ご存知の方も多いかなと思います。

受給期間の隠れた「落とし穴?」

で、特に『うつ病』や『双極性障害』などの『メンタル不調』『精神疾患』で休職を余儀なくされた方には、

”これは、1年6ヵ月分支給されるということではなく、1年6ヵ月の間に仕事に復帰した期間があり、その後再び同じ病気やケガにより仕事に就けなくなった場合でも、復帰期間も1年6ヵ月に算入されます。”

という部分が、非常にミソになるわけです。

ここで、勘の良い方は気付いたと思いますが、

『うつ病』を発症して「休職」した場合、大急ぎで治療してすぐに職場にもどる。

そして「再発」して「再休職」してしまった場合、「再休職」の日を起点に『1年6ヶ月』の傷病手当金の受給ができるわけではないのですよね。

ということです(再び、同じ図を示しますので、考えてみましょう)。

(出典:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139

例えば、『うつ病』を例に考えてみよう。

『うつ病』のちょっとてまえの「軽度の抑うつ状態」で「休職」し、「うつ病」に突入する前に「根治」できた場合は、問題ないのね。

ですが、「うつ病」と診断されてしまった場合、この点に注意する必要があるわけ。

「精神疾患は」は症状面でも経済面でも急がば回れ?

あくまでも一般論ですが、『うつ病』は再発しやすいと言われています。

つまり「精神疾患」の発症・診断が今回が1回目という方は、徹底的に治療して、「寛解(できれば根絶)」したほうが、将来の自分や家族のためになるということ。

つまり、こういうこと↓


(出典:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139 を一部改変)

初めの休職日から『1年6ヶ月』の間に、「強引に直したことにして無理やり復職」すると、もちろん、再発のリスクが高くなります。

(もちろん、ちゃんと治っていれば全く問題ありません)

上図の青矢印のところで復職できたとしても、橙矢印のところで再発してしまうと「休職(図では「欠勤」)」を余儀なくされます。

そして、初めの「傷病手当金」支給開始日から『1年6ヶ月』の時点で、「傷病手当金」の支給が打ち切られちゃうわけ。

これって、とても恐ろしいことですよね?

でも、ここまで踏み込んだ内容は会社も健康保険組合も教えてくれないんです。

もしかしたら、窓口は会社の労務担当者かもしれないけど、その人たちもそこまで詳しいかはわからない。

ちなみに、同じ病気で2回目以降の需給は原則不可能らしいです!

(5年以上期間が空けば、ごく稀に可能らしいが、ほぼ無理らしい)

*もちろん、別の病気(例えば『うつ病』→『盲腸』→『骨折』とか)はOKらしい

これって、特に再発しやすい『メンタル不調』には恐怖ですよね。でも、そんなこと教えてくれませんから。

いつ復職するのがよいのか?

これまでの話を踏まえると「いつ復職するのが良いのか?」ということが、少しずつ見えてきますね。

「再発の心配がなく就労継続可能と判断される時で、かつ最早のタイミング」です。

結局は、焦って復職しても、何も良いことはないの。

反面、「できるだけ『休職期間』ぎりぎりいっぱいまで休む」というのは、色々な意味でお勧めできません。

理由は…

① あまりにも職場から離れている期間が長いと、仕事の感覚を取り戻すのに時間がかかる

② 回復してからの無意味な休職は、本人のモチベーションを下げかねない

③ 「再発の心配がなく就労継続可能」なら、そのほうが経済的に余裕ができる

ということ。

やっぱり、元気に働けるなら、働けたほうがいいよね。

ただし無理やり焦って復職すると、先述した通り、やはりイタイ目に遭います。

だから、適切な治療をしっかり行い「再発の心配がなく就労継続可能」な状態まで持っていくのがいいと思うの。

それが、自分にとっても会社にとっても「Win-Win」な関係であるはずです。

まとめ

以上をまとめると、「傷病手当金の受給期間には注意が必要」そして「焦って復職してもあんまり良いことはない」ということが言えます。

そして、とても大事なことですが、案外誰も教えてくれません。

(もちろん、2回目の需給は原則不可能だいうことも含めて)

でも、知っているのと知らないのとでは、今後の人生について大きな差を生みます。

よかったらシェアしてね!
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について発信してます。新卒の就職先で過労とパワハラでダウンして、躁うつ病を発症。現在はヘルシーに働きつつ、ブロガーとしても活動中。
目次
閉じる