プロフィール

いろいろと葛藤と挫折の末に、幸せに生きる,楽しく生きる,深く生きるを模索しているお父さんライターの「やべっち」

どうもはじめまして、やべっちです。

2020年12月、おかげさまでこのブログは月間10000アクセスをいただけるまでに成長して参りまして、これも一重に読者様の支えがあってこそでございます。

でもって、「やべっち」って誰?ってことでちょっと長くなる(かもしれません)が、自己紹介をしますので、どうぞお付き合いください。

東京在住の会社員で、ブログなどの執筆業もしている兼業ライターです。

平成生まれ、2人の男の子の父親です。

昔は、自己表現として音楽もやっていたけれど、最近の余暇?はもっぱら執筆に専念しています。

生まれた時に死にかけた、奇跡的に蘇生!

僕は生まれた時に心臓が5秒に1回しかなっていなかったそうです。

「お母さん、この子、ダメかもしれない…」という産科医の言葉が忘れられない…と母が言っていました。

が、救急車で運ばれた先の病院で、ラッキーなことに蘇生して、まあなんとか命をつないだってわけですね。

いやはや、ありがたい。

その後はスクスクと?成長して、なんだか「空想好き」で工作やらお絵かきやら、そういうことに熱中する少年時代を過ごしていたような気がします。

小学3年生の時に「スイミー」っていう国語の教科書に載ってる物語を題材にしたポスターが、市主催の展覧会に選出されたのがなんだか思い出になってます

ちなみに、このころ「読書感想文」が大っ嫌いで、本当に文章を読んだり書いたりするのが苦手な少年でした。

高校受験まで「国語嫌い」は引きずってましたね。

根っからの「理系」だったんでしょうか…。

家族の思い出がほとんどない中高生時代

中学生で「吹奏楽部」に入って、毎日女の子に囲まれて(男の子が自分以外いなかったので)なんだか辛いな…という思い出もありつつ、音楽に熱中しましていました。

「合奏・アンサンブル」っていう、演奏が楽しくてしょうがなかったのですね。

高校時代も吹奏楽部に入って、勉強そっちのけで活動に明け暮れ、担任の先生には呆れられ…。

まあ、楽しく(つらく)打ち込めることがあってよかったですよね。

高校時代の恩師(吹奏楽部の顧問で指揮者の先生)が、音楽のプロフェッショナルで「観客の前で演奏するとはどういうことか」というのを、かなり叩き込まれました。

そのころから、ストイックな性格が着いたのかもしれませんね。

そのころ?いや、中学生?もう覚えていないですけど、これくらいの頃から「家族」との思い出が全くない。

なんだか両親の関係が不穏だったのは覚えています。

(不穏だったのは、もっと昔かもしれません…)

ただ、そういう「両親の不仲」に対して敏感になり、そんな現実から逃げられる場所が「本気で打ち込める音楽」だったのかな、と振り返ればそう思います。

高校で部活動を引退してからは、受験勉強に打ち込みました。

やっぱり「両親・家族」という問題から、目をそらしていたのかもしれません。

抜け出したかったんだよね、きっと。

で、大学生になれたわけ。

「音楽」という表現活動で悩み、葛藤し、泣き、笑った青春時代

大学では新しいことにチャレンジしようと思っていたけど、なんだかんだで吹奏楽団に引き込まれて入団。

僕の通っていた大学には、吹奏楽団と管弦楽団(オーケストラ)の両方があったのだけれど、たまたま練習見学に行った日が火曜日か金曜日かで、オーケストラはお休み、吹奏楽は活動日。

そんなこんなで、あれよあれよと吹奏楽へとどっぷりつかった大学生活でした。

このころの僕の人間関係って、なんだか不思議で、色々な人たちを引き寄せた(いや、引き寄せられた?)のですね。

出身中学校に遊びに行ったら、たまたま練習を教えてくれていた(当時)大学生のかなりぶっ飛んだ人と出会い、大学以外でも音楽活動をしていました。

そこで触発され、僕は「指揮者」という人間を目指すことに。

演奏会で、楽団に向かって棒を振り回している人ね。

大学3年生の時には、自分の通っていた大学の吹奏楽団の指揮者になって、すっごく大きなホールで演奏しました。

そんな演奏に向けて、仲間と一緒に笑い、泣き、一人で悩み、葛藤し…、誰かに支えられ…。

そんな時期が、僕の「何かを発信したい」という原体験になっているんだと思います。

第一志望で入社したメーカーがまさかのブラック部署

大学時代は吹奏楽に明け暮れたって書きましたが、勉強もちゃんとやってました。

僕は工学系の学部だったので、特に考えもせずみんなと一緒に学生期間を延期するため大学院に進学。

当時は学校推薦で就職先が選べたので、「就活」というものをロクにせず、大手メーカーにスルりと入ってしまいました。

しかも第一志望の会社・部署。

いや〜嬉しいね!がんばろう!

って思っていた矢先、なんだか怪しげな部署に配属されました。

「なんで新入社員の僕が、フロアで一番最後まで残って仕事しているんだろう?」

そう思う日々が毎日のように続き、心身ともにボロボロに。。。

しかも、当時は実家から片道2時間かけて出勤していたので、睡眠時間は3時間くらい。そんな生活が3ヶ月以上続いて、なんだか調子が悪かったのを覚えています。

まあ、そのあとは繁忙期が落ち着いて、残業は月に40時間くらいまでに減ってきた(あれ?)んですけどね。

で、結婚したり、地方に飛ばされたり、子供が生まれたり、なんだかんだで頑張って生きていました。

長男の誕生とともに「うつ病」を発症し、休職

入社当時から、上司がずーっと一緒。

僕に長男が生まれてから、その上司がいいました。

「君たちは勉強が足りないから、これから毎日勉強会をやろう」

とかふざけたことを。

で、毎日仕事が終わるのが19時半頃(あれ?定時は17時半だけどね…)から2時間くらい、勉強会という名の軟禁行為がほぼ毎日行われました。

そして、その勉強会のために、毎日3時間くらいは宿題をこなす日々。

ちょうど息子が生まれて、心理的にも負荷がかかっていたところ、こんな過酷な職場環境の陰で「ポキっと」行っちゃいましたね。

2017年1月にお仕事をお休みすることに。。。

「うつ病」って言われました。

今でも、悔しくて泣きそうだったのを覚えています。

その後「双極性障害(躁うつ病)」に診断が変わりました。

そう簡単には職場復帰ができないってことで、医療機関でのリハビリに邁進し、復職可能診断が出たタイミングで、そのまま転職。

(ちなみに、障害者手帳を取ったので、障害者採用で転職です)

広告代理店のバックオフィスに転職できました。

うまくいくと思いきや、なかなかそうもいかず…

復帰から半年もしないうちに、残業がどんどん増えていき、おまけに社内政治に巻き込まれ疲弊する毎日。

このままじゃ良くないって奥さんにも言われ、1年弱で退職しました。

2回の転職を経て、外資系企業に勤務

広告代理店をやめたタイミングで、次男が誕生。

その間は、「無職」だったので、子供と過ごす時間が少し持てました。

正確には「職業訓練校」というものに通っていたので、ずっと家にいたわけではないのですが。

で、ご縁があり、2019年の暮れから外資系企業でヘルシーに働いているのです。

なんだか表現活動をしたくてたまらない今日この頃

外資系企業での勤務は、リーズナブルでヘルシー、社内政治もないからとっても「楽な気分」で働けています。

どうも、「不毛な残業」「不毛な社内闘争」とか、そういったものが苦手なようで…。

ただ、過ぎていく毎日に悶々とすることもあったりなかったり。

僕がうつ病を患った時(いまもまだ寛解していません)に、「誰かの役に立てばいいな」とブログを始めてみました。

それが、今になって再燃して、かなりの勢いで執筆業を推し進めているわけです。

さっきも書いた「音楽を通した表現活動」というものが、自分の原体験になっているんだと思うけど、どうしても「音楽」って今の自分にはハードルが高い。

家じゃ練習できないし、みんなと時間を合わせなきゃいけないし…

で、なんでか今は「ブログ」というものを軸に、頑張っているわけです。

やべっちを知る上で読んでもらいたい3つの記事

評価は色々分かれるでしょうが、僕の思いをぶつけた記事たちです。

あわせて読みたい
地方転勤くそくらえ。田舎が嫌なら会社なんて辞めてしまえ。
地方転勤くそくらえ。田舎が嫌なら会社なんて辞めてしまえ。僕は田舎・地方での勤務と生活を通じて、このように強く思っています。田舎にはいきたくないから、2回転職をして東京で働いています。「望まない田舎・地方勤務が嫌なら、会社なんて辞めていい」と思っています。
あわせて読みたい
『「未来」のために「いま」を生きる』は果たして報われるのか?
『「未来」のために「いま」を生きる』は果たして報われるのか?目の前に広がっている「いま」に対する自分の態度、接し方は変えられるんだよね。どうしても、コントロールできないものをコントロールしたくなりがちだけど、それはできないから、そこにエネルギーを割かないほうがいいね。
あわせて読みたい
アンパンマンの映画が大人にもグッとくる件
アンパンマンの映画が大人にもグッとくる件以前の記事で、家族でアンパンマンの映画を観てきたと紹介した。大変、よくできた映画だった。故に、僕はかなり熱中してみていた。下手な映画より、考えさせられるもの...

さいごに:やべっちから

まさか、「読書感想文」が大嫌いだった僕が、ここまで「書くこと」に熱中するとは思っていませんでした。

不思議なものですね。。。

そんな、やべっち、どうぞこれからも応援よろしくお願いします!!