成田空港そばのJAL農園でいちご狩り【最高でした】

  • URLをコピーしました!

今年もいちご狩りに行きたいってことで、東京近郊でいい場所がないかな?って調べていたところ、おもしろいいちご狩り農園(?)を見つけたので、家族で行ってきました。

あわせて読みたい
» いちご狩り開催のお知らせ | JAL Agriport株式会社 JAL Agriportでは、成田空港周辺の9市町村を中心に、千葉県下の各地域との様々な連携を計画し、果物や野菜を年中収穫できる農園。自社畑で栽培した新鮮な果樹・野菜のほか...

結論から言うと、子供連れには、かなりおすすめです。

目次

ハウス内の移動がとってもラクチン

こんな感じで、ハウス内の地面は白いシートでがっつりと舗装?保護?されているので、土の上を歩くってことはありません。
もちろん、デコボコや段差があるってこともないので、小さな子供も安心して歩けます。
次男君もいちごに夢中になりながら歩き回っていましたが、転んだりすることもなかったです。

ハウスに入ってすぐのところに、ハンガー掛けがあるので、上着はここに置いておけます。

ハウス入り口の受付エリアでは、物販があったり、記念写真が撮れるエリアがあったりしたのですが、そこにベビーカーを置いておくってことも可能かもしれません。
(僕たちが行ったときは、荷物は全部ホテルに預けてしまったので、実際にベビーカーを置いておくことはしませんでした)

たくさんの品種が食べられる

時期にもよるのかもしれませんが、僕らがいった2月下旬では「とちおとめ」「やよい姫」「おいCベリー」「かおり野」「紅ほっぺ」の5品種がありました。

見渡す限り、いちごが並んでいますが、一部のエリアは「育成中」ということで立ち入りができないようになっていました。

全体的に、大きいいちごをたくさん食べられたな~と満足感のあるサイズ感でしたよ。

感染症対策がしっかりしている

比較的新しめの農園なので、感染対策を前提にハウスが作られている印象でした。

写真のとおり、ハウスの中央部分に赤い地面の通路が通っていて、そこにテーブルとごみ箱が置いてあります。
そして、ハウスを入るときに、カップとビニール手袋を受け取りました。
そういうわけで、感染対策をしつつ、いちご狩りを楽しむのですが、

  • 片手にビニール手袋を装着、反対の手でカップを持つ
  • ビニール手袋の手でいちごを摘んで、摘んだイチゴはカップに入れる
  • 真ん中の赤い地面の通路に移動する
  • テーブルで手袋を外し、カップに入れたイチゴを素手で食べる
  • 新しくいちごを摘むときには、再度ビニール手袋をつける

という流れでいちご狩りをすることになっています。

そうすると、口がついた手でいちごに接触しないので、感染対策になるということのようです。

たしかに良い方法だな~と感心しましたし、安心しました。

何より、家族でテーブルに集まって、落ち着いたスタイルでいちごを頂けるのは、結構いい感じでした。

ちょっとアクセスが悪い(かも…)

JALが運営している農園ってことで、成田空港の近く(といっても車で10~15分くらい)のところにあります。

車がある人は問題ないかもしれませんが、電車で行こうと思うとちょっと大変かもしれません。
(成田空港からはバスなどの公共交通機関がないので、タクシーで移動する必要があります)

僕らは、ホテル日航成田に宿泊し、そこからタクシーで行きました。
5分くらい、料金は1,500円程度でした。

なんでわざわざ、いちご狩りのためにホテル泊なの?ってのは、こちらの記事でご紹介いたします。

いろいろと安心感のあるいちご狩りが楽しめる

ちょっとアクセスが悪いかもしれないな~ってところもありますが、清潔で歩きやすいハウスやきれいなトイレ(紹介していませんが、トイレもきれいでした)そして、しっかりした感染対策。

こういった安心ポイントがあるのは、さすがJALだな~という感じ。

気になっている方の参考になればうれしいです。

ちなみに、ホテルに宿泊しない場合は、じゃらん経由で予約する必要があるみたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
やべっち
平成生まれの二児の父親。 仕事とのバランスを取りながら家族と幸せに生きる父親について研究中。 子育てや20〜30代の働き方について発信してます。
目次
閉じる